Diary イベント

春画に囲まれてお酒を飲める一夜限定!「The Shunga Catharsis Bar」

365日春画を見る春画―ルです。どうもーご機嫌よう、ふふ。

5月に都内代々木にて一日限定のバーを開いた。

女子限定、しかも12名限定で開催したのだが、なんと二日でチケットが完売し大盛況だった。

今後もぼちぼち開催を続けていこうと思ってるので初回の「The Shunga Catharsis Bar」がどんな感じだったかレポするよよん。

告知とチケット購入はわたしのSNSからできるよ

https://twitter.com/tuyashun/status/1127153867425083392?s=20

第一回目は春画バーのイメージ写真もなくて、こんな告知となった。

あれですよね、バーの真相が不明すぎるツイートだよねww

しかしチケットは即完売となった。ありがたい。

今後のチケット販売もSNSで告知するので行きたいなーって方はぼちぼちSNSを確認してくれたら嬉しいな!

バーの名前「Catharsis  "カタルシス"」に込められて意味って?

https://twitter.com/tuyashun/status/1127912053421645824?s=20

「春画のある空間に身を置いてほしいい」そんな想いでイベントではなく、好きな時に来て、好きな時に帰れるバーの形式にしました。

「春画」に描かれれいるのは何も特別な性の儀式めいたものではなく、日常にある「色」。

だからこそ、そこには私たちが「共感」できるものがあり、そこで思ったこと、感じたことは私たちが積み重ねてきた人生や精神面から来るもの。

春画のある空間での自分をただ見つめ、思ったことをジャッジせず、大切に記憶に残してほしかった。

日常とはかけ離れた空間だからこそ、心も開きやすく、話も弾んだ。

ひとつ印象に残ったはなしが「女性のオーガズム」について。

膣の奥でのオーガズムを感じたことがあるお客さんいわく、あの快感はアーユルヴェーダのシロダーラと呼ばれるものに感覚が似ているらしい。

眉間のチャクラにある「マルマ」と呼ばれるツボに、一定の時間、一定の温めたオイルを流す施術、シロダーラ。

膣奥のオーガズムはまさに脳のデトックスらしい。

春画はおもち帰り自由に

壁中に貼ってある春画のプリントはおもち帰り自由にした。

みんな天井や壁の高いところ、くまなく見てくれてお気に入りの春画を持って帰ってくれた。

「もっと持ち帰ればよかったー」

「お部屋に飾ります!」

なんて言ってくれて、かわいいなあって思った。

今後も定期的に春画バーを開催していく予定なので楽しみにしていてください!

-Diary, イベント
-,

© 2020 SHUNGIRL