Profile

2018年より春画の発信を開始

1990年生の愛媛産。世界でも五本の指に入る、春画好き女子。春画との出会いは、学生時代に葛飾北斎の《蛸と海女》を見たのが最初。

性は万物を創造するおめでたいもの、性と笑いの密接な関係、相手を思いやる気持ちが春画に込められていることを知る。美大卒ではないし、日本史も苦手な会社員だが、独学で現代にも通じる「性への前向きな気持ち」を春画を通して発信しはじめる。

現在は、その面白さを同世代に伝えようと、イベントやワークショップを企画。国内外へ春画の魅力を絶賛発信中。

2018年1月より”春画―ル”として活動をスタート。コンセプトは共感性を重視する「現代人が見る春画」

2018年より「艶声春画」イベントで春画にまつわるトークを行う

2018年8月 AbemaGOLD「ひとりと佳代子と気になるお嬢」出演

2018年8月 女性限定いちぶのり作成ワークショップ開催

2018年9月 春画復刻プロジェクト「nuranura展 おしえて!春画センセイ」にて司会を勤める

2019年より「福藤商店」にて「ワイン×春画会」にてゲストとして参加

2019年 3月7月 小学館「週刊ポスト」にて春画にまつわるインタビュー記事

2019年7月より 恋愛メディアコラムAMにて春画と現代の性にまつわるコラムを連載中

その他雑誌等で春画や江戸の性文化にまつわるアレコレについて執筆しています

好きな絵師は渓斎英泉、好きな作品は袖の巻

春画をたくさん見るようになりだして好きになった絵師は渓斎英泉だった。

女のその鋭く色香漂う目や口元は美しい。

国を傾けるほどの美女、楊貴妃にメロメロな唐の皇帝

そして【枕文庫】という指南書の情報量にも驚いた。絵師としての才能だけでなく、その学への熱心さにより西洋の医学書を参考にした性の指南書も書いたのだ。

指南書の挿絵にある男女の性具のつかいかた

陰間と呼ばれる春を売る少年とその客

そして鳥居清長【袖の巻】は横長い紙にトリミングされた男女の営みが描かれている。特にこの岩田帯をした奥さんとその旦那さんの幸福感がすき。

岩田帯を巻く奥さんを気遣いながら交わる宿六(鳥居清長《袖の巻》より)

舌の交合を終えたふたりの幸せな表情もすき。

春画はもちろんレイプの絵もある。だからそこを隠して幸せな絵ばかり紹介するつもりはない。

だけど性の本質って「すきだからする」んだよね。「触れたいから近くにいる」んだよね。

わたしの記事を読んでくれるひとにはできる限り笑顔にはなってほしい。

だいすき。

はじめて会う方に確実に聞かれる質問「なんで春画好きなの?」についてはコチラの記事

絵を見るだけでは終わらない。江戸の性具づくりも

ワークショップで江戸時代に使われていたラブローションをつくることもあります!それが下の動画!

唾液で潤滑させることもあったけど、このように乾燥携帯して持ち運ぶこともあったみたい。たまに開催するイベントでもお披露目できるので興味ある方は是非情報をチェックしてほしい!

つくりかたはコチラの記事

江戸から明治にかけての猥褻文化史についても

春画を発信するにつれ疑問になってきたこと。

それは「性に関する発言を公にすることへの後ろめたさ」

「おなかへった」「眠りたい」はよくて「えっちしたい」は何故だめなのだろう。

日本で起きた性にまつわる事件や文化についても発信していきたい。

性の見世物小屋に関する記事はコチラ

© 2020 SHUNGIRL