月別アーカイブ:2019年06月

Diary 雑記

ぬらりひょんのはなし

「なんだか魔女みたい。」 とここ最近言われるのだが、何をしているのかというと、女らしく?香り系のものをせっせと集め指で揉み嗅いだりしている。お香も作る。 白檀と香附子を混ぜると単体よりもぐっと良い匂いになる。 「ぬらりひょんが家に来る。」 友人に突然言われた。 「ぬらりひょんが出るなんて、いい暮らしをしているね。」と本気で思ったから、そう伝えた。 彼は私の返しについて飲み込み、 「夕げの支度がはじまるころに、鼻に感じるんだ。姿は知らないけど。白檀のような匂い。ふわっと匂うこともあれば、ツンと強いときもある ...

Diary おでかけ

まむしの黒焼きのはなし

都会を生きる女たちはビーガンじゃやってけないんだ、 動物性の栄養をとれ! 肌の再生を促すものを! 髪にハリが出るものを! これから湿度も高くなり、日光を浴びることも多くなる。 そんなゆらぎ肌が気になる女子にこそ食べてもらいたいのは「黒焼き」だ。 黒焼きは室町時代に広がり江戸時代には日本独自の広がりを見せた。 あの黒色は炭化したのではなく土器の中で蒸し焼きにすることであのような黒色になるそうだ。 民間療法として親しまれていた黒焼きだが、摂取しやすいサプリメントなどもあり、だんだん黒焼きの需要も減ってきた。 ...

Diary 春画アレコレ

美術品を買うすゝめ

ども、365日春画を見る春画―ルです。 先日ご縁があり我が家に浮世絵がやって来た。 記念撮影。すげえ顔 全点数71点 写真は無事にが届き、中身の数や状態を確認し記念撮影したところ。 「ああ、我が家にようこそ、春画ちゃんたち。何百年間といろんなひとたちの手に渡り、ここを終着駅に選んでくれてありがとう」 そんな気持ちに高揚し、胸躍った。 私自身、そんなに資金が潤沢なわけでもなく生活に直結しないものへ投資をすることへの抵抗感もあったのよ。 「春画は好きだけど、わたしは本物を買うことはないかな。食べられないし。」 ...

Diary イベント

春画に囲まれてお酒を飲める一夜限定!「The Shunga Catharsis Bar」

365日春画を見る春画―ルです。どうもーご機嫌よう、ふふ。 5月に都内代々木にて一日限定のバーを開いた。 女子限定、しかも12名限定で開催したのだが、なんと二日でチケットが完売し大盛況だった。 今後もぼちぼち開催を続けていこうと思ってるので初回の「The Shunga Catharsis Bar」がどんな感じだったかレポするよよん。 告知とチケット購入はわたしのSNSからできるよ https://twitter.com/tuyashun/status/1127153867425083392?s=20 第一 ...

Diary イベント

日本文化×ワインを楽しむ『福藤商店』で春画について再び語らう

はい!365日春画を見ている春画―ルです! 前回の「福藤商店」さんのイベントに引き続き、再び春画の魅力についてはなしてきました! 今回はわたしのリクエストもあり、江戸のラブローション「いちぶのり」のプチワークショップも開催。 そしてイベントを行ったのは「獣 鉄板焼 tamaya」様。 「遠方すぎてイベント行けない...」「忙しくて予定が合わない」方もいると思う。 そんな方たちのためにも福藤商店さんでの春画イベントがどのようなものなのかご紹介します。 先ずはワインソムリエが選んだワインとジビエ料理で乾杯 低 ...

Diary 春画アレコレ

「春画のおすすめの本ありますか?」

(「ひっ!高い本が破れてるっっ!」と悲鳴あげられた写真 ↑↑↑ ) 「春画のこともっと知りたくて、何かおすすめの本ありますか?」 「入門から勉強してみたくて」 「色彩が美しい春画をみたいのですが」 SNS上でフォロワーの方から時折ご本についての質問をいただくことがある。 わたしもそうだったが、先ず春画について知りたいと思ったときにどれを買うか迷う迷う。 ちなみに春画の本を買うならGINZA SIXに店舗がある銀座 蔦屋書店さんをおススメする。 浮世絵コーナーとは別に春画のコーナーがあり、豪華本(装丁や印刷 ...

© 2020 SHUNGIRL