春画ール

365日春画をみる 春画との出会いは、学生時代にみた葛飾北斎の《海女と蛸》。 春画や江戸期の性文化を現代の視点から考えるエッセイを書いています。 好きな絵師は渓斎英泉。 好きな作品は鳥居清長の《袖の巻》. 24/7 I'm into shunga art. I will spread the charms of Japanese shunga art both locally and globally. My favorite painter is Eisen Keisai. My favorite work is "Sodenomaki"painted by KiyonagaTorii

News/Event

2021年3月31日に書籍発売

2021年3月31日に株式会社CCCメディアハウス様より書籍を出すことが決まりました。 タイトルは『春画にハマりまして。』 3年前に、いきなり春画にハマったわたしが今まで得てきた楽しみ方や、皆さまに発信したいことをギュウウと詰め込んだエッセイです。 2018年から春画の発信を初めて、このように本という形になり、皆さまに恩返しをすることができました。 春画の勉強を始めた頃は、研究者の方々のご本を読んで楽しんでいました。 しかし楽しむほどに段々とホンモノの春画が欲しくなり、くずし字を読めるようになると、それま ...

Diary いも百珍

江戸料理再現企画・12品目 奇品「切鮓いも(きりすしいも)」とドキュメンタリー無期休止のおしらせ笑

この江戸料理再現企画は寛政元年(1789年)に成立した料理本『甘藷百珍(いもひゃくちん)』のレシピ123種類を無謀にも全て再現させる企画です。 全国のサツマイモ好きの皆さまへ捧げる全力おいもドキュメンタリー。 どうも、春画-ルです。 今回の料理は「切鮓いも(きりすしいも)」。 前回の「巻鮓いも(まきすしいも)」と似ているというか、 レシピの品数稼ぎでは.... 巻くか切るかの違いでは.... と内心ザワザワしながら作ることにしました。 作り方 現代訳 生いもを方形に切り、それを縦に5ミリほどの厚さに削って ...

Diary いも百珍

江戸料理再現企画・9品目 奇品「結いも(むすびいも)」

アイキャッチ画像から「ん?」と思われた方もいるかもしれないのですが、 最初にお伝えします。 「結いも(むすびいも)」 出来ませんでした!! いや、いや頑張れよ自分!と思ったのですが、まあ作り方見てくださいよ。 右から2番目が「結いも」の作り方 作り方 現代訳 生いもを渦巻き状にむき、巻き戻した状態で、細く小口切りにします。 薄醤油を煮だたせておき、その中に切ったいもを入れ、 さっと煮あげて図のように結びます。 手早くしないといもが切れます。 生のサツマイモを煮てから上のようにサツマイモを結ぶんですよ。 こ ...

Diary いも百珍

江戸料理再現企画・11品目 奇品 「巻鮓いも(まきすしいも)」

この江戸料理再現企画は寛政元年(1789年)に成立した料理本『甘藷百珍(いもひゃくちん)』のレシピ123種類を無謀にも全て再現させる企画です。 全国のサツマイモ好きの皆さまへ捧げる全力おいもドキュメンタリー。 今回「いも百珍」より再現するのは「巻鮓いも(まきすしいも)」です。 そろそろ「この再現企画やべえ...」とざわめく人々が出てきそうな雰囲気。 いちばん左が「巻鮓いも」のレシピ 作り方 現代訳 かなり大きないもを生のままむき、さっと湯で煮てから、くずして広げ、その上にご飯を6-7ミリほどの厚さでムラな ...

Diary いも百珍

江戸料理再現企画・8品目 奇品「苞苴いも(つといも)」

メモ 苞苴(つと) ①わらなどを束ね、中に食品などを入れて包みとしたもの。わらづと。 「納豆の-」 ②土地の産物。また、贈り物として携えてゆく、みやげもの。   最初に言っておきます。 やばかった。美味しくなかった。 サツマイモをすりおろしたのがダメだったのか、そもそもサツマイモが美味しくないものだったかは不明だが生臭くて食感もひどかった(笑) いちばん右が「つといも」の説明 材料とつくりかた   サツマイモ 竹の簀(す)で巻けるくらいの量  小麦粉 大さじ一杯 〈作り方現代訳〉 生のいもをおろし、うどん ...

Diary いも百珍

江戸料理再現企画・6品目 奇品「御手洗いも(みたらしいも)」

この江戸料理再現企画は寛政元年(1789年)に成立した料理本『甘藷百珍(いもひゃくちん)』のレシピ123種類を無謀にも全て再現させる企画です。 全国のサツマイモ好きの皆さまへ捧げる全力おいもドキュメンタリー。 今回はサツマイモのお団子にみたらしをトロトロかけますよ~ 「六」のレシピが「みたらしいも」です《国会図書館デジタルコレクションより》 上の当時の文献を読んで見ると「豆油」で「しょうゆ」とふりがなを書いていますよね。 江戸時代のお醤油はどのような味だったのか気になりますね。 今回の「みたらしいも」の材 ...

Diary いも百珍

江戸料理再現企画・7品目 奇品 「茶巾いも(ちゃきんいも)」

この江戸料理再現企画は寛政元年(1789年)に成立した料理本『甘藷百珍(いもひゃくちん)』のレシピ123種類を無謀にも全て再現させる企画です。 全国のサツマイモ好きの皆さまへ捧げる全力おいもドキュメンタリー。 今回は色鮮やかな「茶巾いも(ちゃきんいも)」です~ そろそろ手の込んだサツマイモ料理つくりたい(笑) 茶巾いもも簡単に作れる一品でした! 「七」が茶巾いものつくりかた。《国会図書館デジタルコレクションより》 材料とつくりかた 〈2個分の材料〉(文献に分量の記載がないため作りやすい量で紹介しています) ...

Diary いも百珍

江戸料理再現企画・4品目 奇品「昆布巻いも(こんぶまきいも)」

この江戸料理再現企画は寛政元年(1789年)に成立した料理本『甘藷百珍(いもひゃくちん)』のレシピ123種類を無謀にも全て再現させる企画です。 全国のサツマイモ好きの皆さまへ捧げる全力おいもドキュメンタリー。 そもそも私、昆布巻きなんてつくったことないです。 わざわざスーパーで買いましたよ、日高昆布。 これ読むだけでお腹が空くからだになってきた《国会図書館デジタルコレクションより》 材料とつくりかた 〈材料〉(文献に分量の記載がないため作りやすい量で紹介しています) サツマイモ…握りこぶしの大きさよりふた ...

Diary いも百珍

江戸料理再現企画・3品目 奇品「紫菜巻いも(のりまきいも」)

この江戸料理再現企画は寛政元年(1789年)に成立した料理本『甘藷百珍(いもひゃくちん)』のレシピ123種類を無謀にも全て再現させる企画です。 全国のサツマイモ好きの皆さまへ捧げる全力おいもドキュメンタリー。 おっ! 今日は「のりまきいも」ですって。 海苔と甘いサツマイモの組み合わせはどんな味でしょうか? 材料とつくりかた(だいたい一人前)   サツマイモ 80グラム 海苔 1枚(今回は 8センチ×20センチの細長いおむすび用) いもを蒸して皮をとって裏ごしをする。 海苔のうえに厚さ3ミリほどサツマイモを ...

Diary いも百珍

江戸料理再現企画・5品目 奇品 「板家氷霰いも(いたやのあられいも)」

この江戸料理再現企画は寛政元年(1789年)に成立した料理本『甘藷百珍(いもひゃくちん)』のレシピ123種類を無謀にも全て再現させる企画です。 全国のサツマイモ好きの皆さまへ捧げる全力おいもドキュメンタリー。 「あられ」と聞くと空から降ってくる氷の粒か、もち米を原料とする菓子を思い出しますね。 菓子のあられは平安時代にはすでに存在し、江戸時代には多く生産されていたようです。 今回の「板家氷霰いも(いたやのあられいも)」は米菓のあられのようにモチ米を使用するのではなくサツマイモでつくる菓子です。 では作り方 ...

Diary 春画アレコレ

江戸期の「乙女と両想いになる方法」がサイコパスすぎる

江戸期には様々な性典物(性のハウツー本)が存在する。 例えば「吸茎(フェラチオ)の方法」「相嘗め(シックスナイン)の方法」「口吸い(キス)の方法」などテクニック系に始まり、「股の傷薬」や「即席のディルドの作り方」などのレシピまで様々である。 《吾妻文庫(あづまぶんこ)》歌川国芳 1838年 江戸期の性の認識として「交わりはおめでたいもの」「陰陽和合は万物を創造する大切なもの」という価値観が存在したため、春画では夫婦やカップルが幸せそうに抱き合う場面が見受けられる。 性典物の内容でも「布団に入っていきなり相 ...

Diary 春画アレコレ

オンナの性欲が「わらい」になるとき

なぜこの状況が「わらい」というものに変換されて絵に表現されるのか。 ただただ、不思議だったのだ。 鎌倉時代から江戸時代の多くの性に関する文献を見ていると、様々な表現はある時突如として登場したというよりも、歴史や生物的な事柄の積み重ねであることはよくわかる。 性の営み(つまり”生きること”)を描いた春画は「わらい」と密接であり、即物的な興奮を促すだけではなく、教訓めいたものやその当時の流行までも描く。 その表現の中のひとつに「女性の果てることのない性欲と、それに懲りる男性」というパターンがある。 男性が女性 ...

© 2021 SHUNGIRL