春画ール

365日春画をみる 春画との出会いは、学生時代にみた葛飾北斎の《海女と蛸》。 春画や江戸期の性文化を現代の視点から考えるエッセイを書いています。 好きな絵師は渓斎英泉。 好きな作品は鳥居清長の《袖の巻》. 24/7 I'm into shunga art. I will spread the charms of Japanese shunga art both locally and globally. My favorite painter is Eisen Keisai. My favorite work is "Sodenomaki"painted by KiyonagaTorii

Diary おでかけ

浮世絵 摺り実演って見たことある?

浮世絵が庶民にも広まり、現在も全国各地の美術館で浮世絵が見られるのは木版技術が普及したことが大きい。 春画に興味を持つ前は美術に関して興味がなく、春画は全部 肉筆画(人の手で彩色までしあげる絵)だと思っていた。無知 of the 無知! 何色もの色を重ね出来上がる浮世絵は「絵を描く絵師」「木に絵を掘りつける彫師」「彫りつけた板に色をのせ紙に摺る摺師(すりし)」により完成させていく。 アダチ伝統木版画技術保存財団様にて定期的に版画摺り実演会が行われていると知り、今回その摺りを生で見られることになった。 財団 ...

News/Event

SHUNGAYA ワ印カードケースのこだわりポイントを紹介

せっかくお金をだして商品を買うなら、そこに込められた意味や付加価値を知りたい。 最初は「わたしが欲しいモノ」ということで考えたワ印カードケース。SNSで完成したカードケースを掲載したところ、けっこうな数の問い合わせをいただき、思い切って商品化することにした。 この記事を書いているときもカストリ書房様で完売したカードケースもあり、これは予想外の喜び 泪 今回は春画グッズを販売するに至った経緯とともに商品の紹介をしていくよ 美術館で買えないようなものをつくりたかった 春画を本格的にすきになり、春画を使用したも ...

News/Event

春画をつかったカードケース《SHUNGAYA ワ印カードケース》を発売

こんな方におすすめ 春画がすき ヒトとかぶらないグッズが欲しい 好みの定期入れや名刺入れが見つからない カストリ書房様のオンラインストアで販売中 春画を印刷したグッズは数多く販売されている。 手ぬぐい・ポストカード・クリアファイルなどなど。 しかし共通して言えることがある。それは絵の性器部分のトリミングだ。 もうザクッと切られているんです。アソコの描写が。もはや元の絵をしらないひとからすると何の絵が使用されているのかわからない。 これは一般的に美術館などの施設で製品を販売するにあたり仕方がないことだと思う ...

© 2021 SHUNGIRL