雑記

Diary 雑記

まるでルーペで見ているリアリティ。アイメジャー社のスキャナで自分のコレクションをアーカイブに

版画はじめ、個人での美術品の撮影は難しい。 撮影すると作品が光で反射したり、せっかくの作家の技巧が映らなかったりもする。 特に浮世絵は光により退色したり、きめ出しや雲母摺りなどを施していることがあるのであまり表面に物体を接触させたくない。 そのうえ自宅のスキャナやスマホでは高解像度のデータ化は難しく、一眼レフでは自分で長時間露光での撮影をするとなるとカメラを購入するところからのスタートだし、 カメラでの撮影としても何処で依頼をすれば満足のいくデータにしてもらえるのかもわからなかった。 まるで本物をルーペで ...

Diary 雑記

3年前まで浮世絵はぜんぶ手で描いてると思ってたし国貞を知らなかったはなし

ともだちが撮ってくれてなんか好きな写真なのでアイキャッチ画像にしました。 いつも大変お世話になっております。 春画―ルと申します。 インスタグラムとツイッターのフォロアーが両方とも一万人超えたので、 このタイミングで改めて「春画―ルって何者?」 という方々のために、日々行っている活動等について綴らせていただいちゃいます! 活動のキッカケは? 天保八年 歌川国芳《花結色陰吉(はなむすびいろのほどよし)》 活動の最初の、最初の理由は自分の手の届く範囲以外での繋がりが欲しい、というものだった。 職場と家の往復、 ...

Diary 雑記

おおらかな性の時代はあったのか

「江戸時代は性におおらかだった」 そういう本を見かけるし、SNSでコメントをいただくこともある。 私自身も春画を見始めの頃はそう思った。 江戸時代は春画は嫁入り道具にもなり、ペリーの黒船が来て日米安保条約を結んだときに 友好のしるしにために春画を贈ったというエピソードは極めて有名だ。 銭湯は混浴の時代もあったし、明治のジャーナリスト宮武外骨の「猥褻風俗史」では 日本各地に陰陽石が存在し、陽物に手をあわせることもあったことが記録されている。 しかし、それは”おおらか”であり、性に寛容だったからだろうか。 わ ...

Diary 雑記

momo

実家から桃が届いた。 冷蔵庫に3個入れて冷やしておき、数時間してからひとつだけ取り出した。 包丁を洗うのがめんどくさくて、流しのところに立ち手で皮をむくことにした。 小さいころから桃が好きだったのだが、皮をむくのが面倒だった母は流しに椅子を運び、 そこへわたしを立たせ、桃の露で床を汚さないように流しに顔を出してそのままかぶりつくようにと言っていた。 だから今でも桃を切るのがめんどうなときか流しに顔を出し汁が床にたれないようにかぶりついている。   だからその日も流しで食べようと、指で桃の皮を少し ...

Diary 雑記

ぬらりひょんのはなし

「なんだか魔女みたい。」 とここ最近言われるのだが、何をしているのかというと、女らしく?香り系のものをせっせと集め指で揉み嗅いだりしている。お香も作る。 白檀と香附子を混ぜると単体よりもぐっと良い匂いになる。 「ぬらりひょんが家に来る。」 友人に突然言われた。 「ぬらりひょんが出るなんて、いい暮らしをしているね。」と本気で思ったから、そう伝えた。 彼は私の返しについて飲み込み、 「夕げの支度がはじまるころに、鼻に感じるんだ。姿は知らないけど。白檀のような匂い。ふわっと匂うこともあれば、ツンと強いときもある ...

© 2020 SHUNGIRL