性典物

Diary 春画アレコレ

江戸期の「乙女と両想いになる方法」がサイコパスすぎる

江戸期には様々な性典物(性のハウツー本)が存在する。 例えば「吸茎(フェラチオ)の方法」「相嘗め(シックスナイン)の方法」「口吸い(キス)の方法」などテクニック系に始まり、「股の傷薬」や「即席のディルドの作り方」などのレシピまで様々である。 《吾妻文庫(あづまぶんこ)》歌川国芳 1838年 江戸期の性の認識として「交わりはおめでたいもの」「陰陽和合は万物を創造する大切なもの」という価値観が存在したため、春画では夫婦やカップルが幸せそうに抱き合う場面が見受けられる。 性典物の内容でも「布団に入っていきなり相 ...

© 2020 SHUNGIRL