News/Event

コラムの連載のおしらせ

恋愛メディアコラムAM様でコラムの連載をはじめました。 わたしたちに必ずある性。 人生のイベントには性がつきものである。 そんな性を春画を紐解きながら考え、すこしでも心が軽くなればいいな、笑えたらいいな。そんな思いでコラムを書きます。 女子はもちろんのこと春画が好きな男性が読んでも興味深い内容に仕上げてるので、みんなで読んでシェアしてほしいな。 【恋愛メディアコラムAMもくじ】 第1回目「いまなぜ『春画』なの?私たちの『性』を考える春画の世界へようこそ」 第2回目「ベッドで相手を受け入れられなくても自分を ...

ReadMore

News/Event

SHUNGAYA ワ印カードケースのこだわりポイントを紹介

せっかくお金をだして商品を買うなら、そこに込められた意味や付加価値を知りたい。 最初は「わたしが欲しいモノ」ということで考えたワ印カードケース。SNSで完成したカードケースを掲載したところ、けっこうな数の問い合わせをいただき、思い切って商品化することにした。 この記事を書いているときもカストリ書房様で完売したカードケースもあり、これは予想外の喜び 泪 今回は春画グッズを販売するに至った経緯とともに商品の紹介をしていくよ 美術館で買えないようなものをつくりたかった 春画を本格的にすきになり、春画を使用したも ...

ReadMore

News/Event

春画をつかったカードケース《SHUNGAYA ワ印カードケース》を発売

こんな方におすすめ 春画がすき ヒトとかぶらないグッズが欲しい 好みの定期入れや名刺入れが見つからない カストリ書房様のオンラインストアで販売中 春画を印刷したグッズは数多く販売されている。 手ぬぐい・ポストカード・クリアファイルなどなど。 しかし共通して言えることがある。それは絵の性器部分のトリミングだ。 もうザクッと切られているんです。アソコの描写が。もはや元の絵をしらないひとからすると何の絵が使用されているのかわからない。 これは一般的に美術館などの施設で製品を販売するにあたり仕方がないことだと思う ...

ReadMore

Instagram

Something is wrong.
Instagram token error.
Load More

News/Event

News/Event

2020/7/4

コラムの連載のおしらせ

恋愛メディアコラムAM様でコラムの連載をはじめました。 わたしたちに必ずある性。 人生のイベントには性がつきものである。 そんな性を春画を紐解きながら考え、すこしでも心が軽くなればいいな、笑えたらいいな。そんな思いでコラムを書きます。 女子はもちろんのこと春画が好きな男性が読んでも興味深い内容に仕上げてるので、みんなで読んでシェアしてほしいな。 【恋愛メディアコラムAMもくじ】 第1回目「いまなぜ『春画』なの?私たちの『性』を考える春画の世界へようこそ」 第2回目「ベッドで相手を受け入れられなくても自分を ...

ReadMore

News/Event

2019/7/4

SHUNGAYA ワ印カードケースのこだわりポイントを紹介

せっかくお金をだして商品を買うなら、そこに込められた意味や付加価値を知りたい。 最初は「わたしが欲しいモノ」ということで考えたワ印カードケース。SNSで完成したカードケースを掲載したところ、けっこうな数の問い合わせをいただき、思い切って商品化することにした。 この記事を書いているときもカストリ書房様で完売したカードケースもあり、これは予想外の喜び 泪 今回は春画グッズを販売するに至った経緯とともに商品の紹介をしていくよ 美術館で買えないようなものをつくりたかった 春画を本格的にすきになり、春画を使用したも ...

ReadMore

News/Event

2019/7/4

春画をつかったカードケース《SHUNGAYA ワ印カードケース》を発売

こんな方におすすめ 春画がすき ヒトとかぶらないグッズが欲しい 好みの定期入れや名刺入れが見つからない カストリ書房様のオンラインストアで販売中 春画を印刷したグッズは数多く販売されている。 手ぬぐい・ポストカード・クリアファイルなどなど。 しかし共通して言えることがある。それは絵の性器部分のトリミングだ。 もうザクッと切られているんです。アソコの描写が。もはや元の絵をしらないひとからすると何の絵が使用されているのかわからない。 これは一般的に美術館などの施設で製品を販売するにあたり仕方がないことだと思う ...

ReadMore

News/Event一覧

Diary

Diary 春画アレコレ

2020/7/4

200年前の遠距離恋愛辛すぎだろ。

みなさん遠距離恋愛を経験したことありますか? またこの記事を読んでくれている方の中に、現在進行形で遠距離恋愛をしている方はいますか? 江戸時代にも遠距離恋愛は存在したのか? わたしは存在したと考えています。 なかなか連絡が取れなくて、会えるのは年に数日間という恋人たちがいたのです。 それは奥女中と、その恋人です。 わたしはこれを江戸時代の遠距離恋愛と感じ、この恋人たちの宿下りの春画を「遠距離恋愛春画」と呼び鑑賞していました。 あらかじめ伝えますが、奥女中とその恋人を遠距離恋愛中のカップルととらえ、 その春 ...

ReadMore

Diary 春画アレコレ

2020/7/4

ピカソとおそろいの春画が家に来た

春画とは「性のいとなみを描いた風俗画」です。 春画はわたしの生きるうえでの喜びや活力であり、癒しなのです。 ひとりで家でお酒を飲みながら(ほとんど飲めないけど。)コレクションの春画に風を通しているときは至福の時間です。 春画を愛していた著名人はかなり多いのですが、画家のパブロ・ピカソも春画を愛したひとりです。 彼の描いた絵には、春画からインスパイアされたような男女が交わる絵や、蛸と女の絵もあります。 身体のリアルな骨格をよりも、魅せたい部分を大胆に表現する日本の春画の表現は、キュビズムの創始に影響を与えた ...

ReadMore

Diary 雑記

2020/3/22

まるでルーペで見ているリアリティ。アイメジャー社のスキャナで自分のコレクションをアーカイブに

版画はじめ、個人での美術品の撮影は難しい。 撮影すると作品が光で反射したり、せっかくの作家の技巧が映らなかったりもする。 特に浮世絵は光により退色したり、きめ出しや雲母摺りなどを施していることがあるのであまり表面に物体を接触させたくない。 そのうえ自宅のスキャナやスマホでは高解像度のデータ化は難しく、一眼レフでは自分で長時間露光での撮影をするとなるとカメラを購入するところからのスタートだし、 カメラでの撮影としても何処で依頼をすれば満足のいくデータにしてもらえるのかもわからなかった。 まるで本物をルーペで ...

ReadMore

Diary一覧

© 2020 SHUNGIRL